受験で活きるコミットの指導!


こんにちは!
加古川市の氷丘中学校区内にあります
個別指導塾コミットです。

前回の記事ではいかに課題考査つまり実力をつけることが大事なのかということについてお話しました。
定期考査と課題考査どっちが大事?

では本日は実際にコミットではどのような指導で実力を養成しているのかについてお話します。

コミットのカリキュラムは個別指導+年3回の講習がメインです。
では個別指導と講習に分けてご説明いたします。

個別指導

個別指導は主に他塾と同じく学校の進度に合わせて単元別に理解を深めていく指導をしています。
ただ、学校の進度についていけていない又は過去の単元の理解が出来ていない場合、つまずいている単元に遡って指導をします。
例えば、連立方程式が苦手な生徒は連立方程式でつまったのではなく1年生の方程式の計算でつまっている場合がほとんどです。まずは方程式の理解を深めた上で連立方程式に入ります。
そして、進度に余裕のある場合は復習をおこたりません。
つまり、コミットの個別指導は
・過去の苦手分野の克服
・学校の進度に合わせた指導+復習

講習

コミットでは大型連休を利用して年3回講習(春期講習・夏期講習・冬期講習)を実施しています。
この講習で入試問題にもふれながら履修範囲の総復習をおこないます。そして、講習の最後には必ず模試を開催します。
講習・模試の結果をもとに個別指導にフィードバックしております。

その他

・社会・理科の通常授業(全学年)
・リスニング・入試英語・入試数学(中3生)
など受験に必要な要素が全てそろっています。

まとめ

受験にとって大切なことは得意科目・単元をのばすことではなく、苦手科目・単元をなくすことです。
いかに苦手科目・単元をなくす機会を多く与えてあげるのかが重要だと考えます。
現にコミットの生徒たちは信じられないほどの成果がでています。
次回は当塾の生徒たちが入塾してからどのくらい成績が向上しているのかデータを用いて報告させていただきます。
コミットの実績

無料体験

mail menu tel facebook ig line twitter check left-arrow right-arrow